つくば市栄の直売所 第2章

こんにちは、筑波大学芸術専門学群2年の井本です。

もう年も明け、2020年になりました。私は地元である九州の佐賀に帰省し、成人式を迎えました。人生初の振袖に心踊らせつつも、きつくしめた帯のお陰で実家の美味しいご飯をたくさん食べられなかったことが少し心残りです。

中学の同窓会にも行き久々に会う友人や先生方と多くの話をできてとても楽しい帰省をした私が、今回は前回の内容の続きの話を記事にしようと思います。


(上の写真はお店の前でお湯を沸かしている風景です)


前回の記事ではお店の中の紹介をし、お店の名前はまだ決まっていなかったという話をしていました。

聞いてきましたよ、お店の名前!!!

早速名前を発表します。

この栄にある直売所の名前は

「七福交換の郷」

です!

「七福」は七福神からもらってきたそうで、「交換」はこのお店は元々は物の交換をイメージしていたのでそこから持ってきたそうです。「郷」は多くの人が集まる憩いの場をイメージしこの漢字を使っているそうです。

営業日もしっかり決まりました!!

営業時間は10:00~17:00、火曜日が定休日になりました!!

といわけで、この名前と営業日を基に看板を描かせていただきました。


こんな感じです。

デザインもさせていただき、お店のロゴとしても使用していただくことになりました。

ありがとうございます!


看板を描かせてもらいに行った日、お昼ご飯に奥さんお手製のパスタをご馳走になりました。この記事の一番最初に紹介している写真のお鍋で湯がいたパスタです。優しい味で実家を思い出しました。


また、夕飯はお店のご夫婦のお家でご馳走していただきました。お鍋を皆でつつき、デザートにイギリスのお菓子をいただきました。

たくさんいい話を聞け、お土産に柿やみかんなど果物や野菜をいただきました。

美味しかったです!


後日看板を建ててもらうので、その紹介はまた次の記事で。

では、またつくば市栄の直売所第3章でお会いしましょう。