• 今村 翔太

ラジコンの聖地「谷田部アリーナ」後編

こんにちは。筑波大学情報科学類の今村翔太です。

ラジコンの聖地 「谷田部アリーナ」前編に引き続き、谷田部アリーナについて紹介していきます。


会場で、ラジコンの整備をされている方にお話を伺ってみました。この谷田部アリーナの魅力は何と言っても、ドラフト・コースや、高速走行のレース用のサーキット・コース、傾斜や凸凹道を再現したアウトドアコースなどが全て揃っていることだといいます。他の地域にもラジコンサーキット自体はあるけれども、ここまで、網羅的に様々なコースが充実して揃っているところは少ないといいます。




谷田部アリーナでは、見学だけなら無料ですることができます。大会がなくても、主に週末に開かれる大会に向けて腕を磨いているラジコンカープレイヤーたちの腕前を見ることができます。また、記念グッズなども非常に充実しているので、ラジコン好き、クルマ好きにとっては文句なしの場所でしょう。さらに、グッズ販売コーナーの一角には常連の著名人やテレビの取材に来られた方々のサインがぎっしり並んでいて、いかにこの谷田部サーキットがラジコンマニアにとって重要の場所であるかが伺われます。



タカアンドトシやZIP!などのテレビ番組の取材で来た著名人のサインが並びます。

元プロ野球選手で、野球解説者の山本昌氏はラジコン好きとしても有名だそうですが、彼もこのサーキット場の常連の1人で、その他のラジコンマニアとともに谷田部アリーナでの時間を楽しんでいるといいます。

ここ谷田部アリーナはラジコンカーを運転する人以外にも楽しんでいただける施設だと思うので、つくば市付近に在住の方、または周辺にお越しになる機械のある方はぜひ一度足を運んでみてはどうでしょうか?


アクセス情報

都心から車で50分の距離 (三郷インターより28km)

車でお越しの方 ・常磐自動車道 谷田部インターより約1km 

​ 無料駐車場200台分以上完備

電車でお越しの方 ・JR常磐線 牛久駅下車  緑ヶ丘団地行きバスで 約25分 終点下車

・つくばエクスプレス みどりの駅下車  自由が丘シャトルバスにて約17分  緑が丘団地入口下車 徒歩10分



おまけ

Google Mapで見ると「つくば鶴の里美術館」という日本画の美術館が、谷田部アリーナの隣にはあるらしいということで、足を運んでみたのですが、行ってみても看板も人気もありません。(あれ、美術館は?)



地図上では、確かにここのはずなのに、たどり着いたのは、刑事ドラマかなんかで出てきそうな雰囲気のでかい平屋の建物です。一体どういうことなのだろうかと、恐る恐る近づいていきます。何かが、一杯目に入ってきます

な、なんと、動物園、顔負けの多種多様な鳥たちの野外展示場のようになっていました!(あれ、美術館は??)




掲示がしてあって、どうやら、この鳥たちを自由に見学していっていいそうです(あれ、美術館は???)



恐らく、この場所はかつては個人レベルで、日本画の美術館として運営されていたものの、それはやめて、趣味で飼われている鳥を見れるようにしているようです。

なんとなく不気味な感じはしますが、「見ていってください」との掲示もありますし、珍しい鳥が展示されていたりもするので、興味があれば、谷田部アリーナに来たら、ついでに足を運んでみるのもいいかもしれないですね。

お問い合わせ

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

実施主体

筑波大学
人間総合科学研究科 芸術専攻

代表者 藤田直子(環境デザイン領域 教授)
https://www.tsukuba.ac.jp/
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 

支援主体

つくば市

都市計画部 市街地振興課
周辺市街地振興室

https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/joho/soshiki/toshikeikaku/1003516.html
〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1-1

協力主体

  • 大曽根・花畑・筑穂地域活性化協議会

  • 吉沼、元気!協議会

  • 栄市街地活性化協議会

  • 上郷市街地活性化協議会

  • 谷田部市街地活性化協議会

  • ​高見原地域活性化協議会(設立準備中)

© 2019-2020 つくばR8ロゲイニング 筑波大学芸術系環境デザイン領域内

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル