お問い合わせ

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

実施主体

筑波大学
人間総合科学研究科 芸術専攻

代表者 藤田直子(環境デザイン領域 教授)
https://www.tsukuba.ac.jp/
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 

支援主体

つくば市

都市計画部 市街地振興課
周辺市街地振興室

https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/joho/soshiki/toshikeikaku/1003516.html
〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1-1

協力主体

  • 大曽根・花畑・筑穂地域活性化協議会

  • 吉沼、元気!協議会

  • 栄市街地活性化協議会

  • 上郷市街地活性化協議会

  • 谷田部市街地活性化協議会

  • ​高見原地域活性化協議会(設立準備中)

© 2019-2020 つくばR8ロゲイニング 筑波大学芸術系環境デザイン領域内

  • 大竹彩乃

上郷に陸上競技場!?

こんにちは。

筑波大学芸術専門学群二年の大竹です。

授業内で上郷について調べているときに、「上郷に陸上競技場ができる」といった記事を目にしました。

つくばの総合運動場計画など、絡んでいるものがありそう・・・ということで、今回はつくば市上郷に陸上競技場を設置する計画について調査し、記事にしていきたいと思います!


Q1.いったいどこに陸上競技場ができるの?

A.茨城県立上郷高校の跡地です。


<画像1 旧上郷高校の場所 googlemapからの転載です。>

幼稚園や小学校も近くに位置していることがわかります。




<画像2 茨城県立上郷高等学校グラウンド google mapからの転載です。>

上郷高校は1927年から2011年にかけて開校していた公立の高等学校で、元々は農業高校であったそうです。敷地面積は約3ヘクタール。そのため広大な農地を持っており、過去には農地がグラウンドとなり、現在には陸上競技場にもってこいの土地になったのだとか。


Q2.陸上競技場にはどのくらいの設備があるの?

A.つくば市によると、400メートルトラック、インフィールド部にはサッカーなどができる人工芝グラウンド、2000人収容のスタンド、乗用車190台分の駐車場などを想定しているそうです。


Q3.使用の幅はどのくらい?

A.小中学校の陸上競技場をはじめ、市内大会レベルで公式記録を取ることができます。

市民の誰もが身近に運動を楽しみ、親しむことができるような環境を目指しているそうです。

競技場の外周は園路となるらしく、ジョギングやウォーキングが捗りそうですね!


<画像3 上郷ロゲイニング チェックポイント一覧

photo by 勝手につくば大使さん>


2月1日に行われた上郷ロゲイニングで、チェックポイント15番の土田右馬太郎像、16番のオオケヤキ、29番の塚本材木店から近かったので、実際に訪れてみることにしました!!

<画像4 旧上郷高校校舎 2月1日撮影>  

取り壊されてしまっているかと思っていましたが、まだまだ綺麗な状態で校舎が残っています。筆者の母校よりも綺麗で、執筆中に画像を見てもう一度驚き直してしまいました。学生たちの声が実際に聞こえてきそうです。


<画像5 旧上郷高校 2月1日撮影>

こちらは体育館でしょうか?こちらの建物も綺麗なままで、競技場になるのが少しもったいないような気分にもなりました。

大学からは少し遠いですが、上郷陸上競技場が完成したら是非訪れてみたいものです。


  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル