• s1710050

古典的なお家がつくる  栄の通りの景観

最終更新: 2月23日

こんにちは、筑波大学人文学類3年の杉山常盤です。今回はつくば市栄の住宅地の景観に注目したいと思います。

この記事を読んでくださっている方は、昔から筑波や栄に住んでらっしゃる方もいれば、大学に通うなどのきっかけで他の所から移ってきた方もいらっしゃると思うのですが、「筑波は地元とこういうところが違うなあ」と私が思う特徴のひとつに、和風で敷地の広いお家がやけに多いのではないか、という点があります。

横町から金田城跡の方面に続く、つくば市立栄小学校前の通りは、この傾向をよく示していると感じました。

敷地がしっかりと塀で囲まれていて、通り沿いにずっと塀が並んでいます。石造りの塀でも大きい石でお城の石組みのようにしてみたり、色ちがいの石を使ったり装飾が施されていたりしています。

お家自体も和風の瓦屋根や門の様子がみられたり、壁や屋根は現代的な塗装でも和風建築の構造がみられ、全体として古典的な雰囲気になっています。

また、一軒一軒しっかりとお庭をもっているので、通りからも様々な庭木が見える所が魅力的だと感じました。

お家自体はかなり連続しているのですが、庭木のおかげで緑がバランス良く取り込まれているのかなと思います。

季節がらお花はなかなか見つからなかったのですが、通り沿いにきれいなつぼみ(?)を見つけました。

通りのお宅の一軒にお話を伺ったところ、そのお宅は建築の様式からみるに室町時代にたてられたそうで、この通りの集落が古くから続く集落であることが窺えました。

取材させていただいた時期は木々が紅葉していてお庭がとても素敵でした。

また、塀の中は母屋、倉、作業場所があったり、お家の玄関の上がり口が広くなっていることから、このようなお家はかつての農家の趣を残していることで広い敷地やお庭、和風のお宅をもっているのかなと思われました。

下の写真は倉の様子を撮影したものです。

ロゲイニングや日々の暮らしでこの通りを通る機会がありましたら、通りから見える季節の木々や和風の建築を楽しんで、お散歩気分を味わってみてください。

お問い合わせ

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

実施主体

筑波大学
人間総合科学研究科 芸術専攻

代表者 藤田直子(環境デザイン領域 教授)
https://www.tsukuba.ac.jp/
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 

支援主体

つくば市

都市計画部 市街地振興課
周辺市街地振興室

https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/joho/soshiki/toshikeikaku/1003516.html
〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1-1

協力主体

  • 大曽根・花畑・筑穂地域活性化協議会

  • 吉沼、元気!協議会

  • 栄市街地活性化協議会

  • 上郷市街地活性化協議会

  • 谷田部市街地活性化協議会

  • ​高見原地域活性化協議会(設立準備中)

© 2019-2020 つくばR8ロゲイニング 筑波大学芸術系環境デザイン領域内

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル