• 唐津遼大郎

浦里酒造vol.2

こんにちは、筑波大学の唐津です。

今回は浦郷酒造vol.2ということで、霧筑波の製造方法と味の秘密についてお話したいと思います。

こちらは、霧筑波を貯蔵するための冷蔵庫です。

日本酒は常温で時間を置くと、味が変化してしまうのでこのような温度を-2~0度で保存するための冷蔵庫が必要であるということです。


こちらは以前使用されていた酒の保存に使うタンクです。

霧筑波の質を羅噛めるために、上の最新式のものへ投資をされたそうです。


この景色は、霧筑波のチラシに描かれている景色で、目の前には筑波山が見えつくばをベースにして酒を造り続けていくんだという意思を感じました。

次回は霧筑波が今後どのようになっていくのか、今後の展望についてお話したいと思います。



最新記事

すべて表示

お問い合わせ

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

実施主体

筑波大学
人間総合科学研究科 芸術専攻

代表者 藤田直子(環境デザイン領域 教授)
https://www.tsukuba.ac.jp/
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 

支援主体

筑波大学

総務部総務課 社会貢献・地域連携

305-8574 つくば市天王台1-1-1 

つくば市

都市計画部 市街地振興課 周辺市街地振興室

〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1-1

協力主体

© 2019-2020 つくばR8ロゲイニング 筑波大学芸術系環境デザイン領域内

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル