• 護 ことみ

絶品の川魚を食べに上郷へ



こんにちは、筑波大学芸術専門学群3年の護ことみです。

今回は、上郷の魚料理屋さんについてご紹介します。



私が訪れたのは『魚料理ひろせ』。

こちらのお店では、近くの小貝川で取れた海鮮物をいただくことができます。メニューにはお刺身や寿司、天ぷらなどが並んでいました。特に目に止まったのはどじょうとなまず!

店員さんに聞くと、なまずは小貝川で捕ったものだそうです。



せっかくなので、「なまず丼」(860円)を注文してみました。

なまずを食べるのは初めて。どんな味なのでしょうか?ドキドキです。



こちらが、「なまず丼」です!

ご飯の上に大きな天ぷらが三つも乗っています。ボリューミーで美味しそう!


一口食べてみると、その身のフワフワさにびっくり。川魚独特の臭みも少なく、食べやすいお味です。甘めのタレと相まって、ご飯が進みます。あまりの美味しさに、夢中になって食べてしまいました…。


ちなみに、こちらに使用されているなまずは、小貝川のニホンなまずだそうです。店長さんが船に乗って釣りに行かれるんだとか。外来種のアメリカなまずは皮が硬いそうですが、ニホンなまずは柔らかく、皮ごといただけるようです。




なまず丼と合わせて「川海老唐揚げ」(550円)も注文すると、綺麗な赤色をした海老が出てきました!普通の海老より手が長く、特徴的です。

こちらは手長海老。なまずと同じく、小貝川で捕れたものです。網をかけておいて、後から引き上げて捕るそうです。


肝心のお味はというと、とっても上品。塩のシンプルな味付けで、手長海老がもつ本来の美味しさが引き立ちます。殻のサクサクとした食感が心地よく、殻が苦手な私でも美味しく頂くことができました!

うつわいっぱいに盛り付けられているので、みんなでシェアして食べるのがおすすめです。






さて、店内を見渡して気になったものがありました。

近づいてみると、小魚がたくさん刺さっています!

料理に使うものなのでしょうか?

魚屋さんらしい光景ですね。











実は、上郷には『魚料理ひろせ』の他にも魚料理屋さんがいくつもあるんです。

こちらの写真はその一つ、『魚梅支店』の外観の様子です。

このすぐ近くには『魚梅本店』という魚料理屋さんがあります。とても近い距離にあるのに、二軒ともいつもたくさんのお客さんで賑わっているそうです!

さらに、『魚梅支店』には宴会場もあるそう。

私が伺った日は、ちょうど宴会をやっていたようで、残念ながら中には入れませんでしたが、大勢でも利用できるのが嬉しいですね。




今回は上郷にある魚料理店についてご紹介しました。

小貝川の幸を求めて、ぜひ上郷を訪れてみてください!

最新記事

すべて表示